HOME工法紹介 > 一般的な壁・天井工法 > 木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地

木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地

壁・天井の下地により、大きく「木造下地」と「鋼製下地」に分類されます

木造壁下地
木製壁下地の種類・寸法(例)
  用途 部材の種類 寸法(mm)
一般壁 耐力壁 柱、間柱 105×105, 30×105
胴縁 (15, 20, 24)×90/2
間仕切壁 たて枠 40×65
上枠、下枠
真壁 間柱 30×(45, 60, 65)
胴縁 (17.5, 25)×100/2, 45×100
コンクリート壁添え 木ずり、下地板 (12, 20)×80
枠組壁工法 たて枠 38×89, 38×140
上枠、下枠

木製壁下地材の取付け間隔(例)
  用途 部材の種類 間隔(mm)
一般壁 耐力壁 柱、間柱 455
胴縁 310
間仕切壁 たて枠 455
真壁 間柱 455
胴縁 455
コンクリート壁添え 木ずり、下地板 455
枠組壁工法 たて枠 650以内

木造天井下地
木製天井下地材の種類・寸法(例)
用途 部材の種類 寸法(mm)
一般天井 野縁 40×50
野縁受 40×40
吊木 30×40
吊りボルト Φ9
吊木受 末口70の丸太
枠組壁工法の天井 上階の床根太もしくは40×50程度の野縁、その他

木製天井下地材の取付け間隔(例)
用途 部材の種類 間隔(mm)
一般天井 野縁 455×455
野縁受 910
吊木 910
吊りボルト 910
吊木受 910
枠組壁工法の天井 上階の床根太など 455

鋼製壁下地(スタッド・ランナー、振れ止めなどはJIS品を標準とする)
鋼製壁下地材の種類(JIS A6517より)
単位:mm
部材 スタッド ランナー 振止め
種類 記号 寸法 記号 寸法 記号 寸法
50形 WS-50 50×45×0.8 WR-50 52×40×0.8 WB-19 19×10×1.2
65形 WS-65 65×45×0.8 WR-65 67×40×0.8 WB-25 25×10×1.2
75形 WS-75 75×45×0.8 WR-75 77×40×0.8
90形 WS-90 90×45×0.8 WR-90 92×40×0.8
100形 WS-100 100×45×0.8 WR-100 102×40×0.8

スタッド、ランナーなどの種類
単位:mm
部材等 スタッド ランナー 振止め 出入口及びこれに
準ずる開口部の
補強材
補強材
取付用
金物
スタッドの
高さによる
区分
種類
50形 50×45×0.8 52×40×0.8 19×10×1.2 2.7m以下
65形 65×45×0.8 67×40×0.8 25×10×1.2 -60×30×10×2.3 L-30×30×3 4.0m以下
90形 90×45×0.8 92×40×0.8 -75×45×15×2.3 L-50×50×4 4.0mを超え
4.5m以下
100形 100×45×0.8 102×40×0.8 2-75×45×15×2.3 4.5mを超え
5m以下

鋼製天井下地(野縁及び野縁受けはJIS品を標準とする)
単位:mm
部材 シングル野縁 ダブル野縁 野縁受
種類 記号 寸法 記号 寸法 記号 寸法
19形 CS-19 25×19×0.5 CW-19 50×19×0.5 CC-19 38×12×1.2
25形 CS-25 25×25×0.5 CW-25 50×25×0.5 CC-25 38×12×1.6

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州