数字に見る吉野石膏Yoshino Plaster Seen in Numbers

吉野石膏の「数字」にまつわる話題を集めてみました。
当社の理解促進になればと思います。

100%

せっこうボードのリサイクル率です。せっこうボードの主原料は「せっこう」と「紙」です。
せっこう原料の内訳は、火力発電所などから回収した「副生せっこう(化学せっこう)」が約50%、鉱山から採取・輸入した
「天然せっこう」が約45%、工事現場から回収した「廃せっこう」が約5%の割合で使用されます。
紙は、古新聞や雑誌、段ボールなどを利用した再生紙をほぼ100%使用しています。
このように天然せっこうを除くとせっこうボードは、ほぼ100%リサイクル品から生産されています。
まさしく環境優良製品と言えます。

1901

吉野石膏の創業年です。
1901(明治34)年と言えば、世界では「ノーベル賞」が創設され、
日本では八幡製鉄所(現新日鉄住金)が操業開始した年です。
1901年の創業以来、当社は115年を越す歴史と伝統を重ね、社会から求められる事業を継続しています。

12172365

当社の事業所の拠点数を表します。地産地消を原則に、
北は北海道から南は九州・沖縄まで、12支店、17営業所、23工場、物流拠点65ヵ所を展開しています。
今後は、インドネシア工場やベトナムなどの海外拠点が加わっていきます。

4.1億m²

せっこうボードの年間生産量です。
地球一周は約4万kmですから、約12周分(※ボードの長辺をつなぎ合わせると)に相当します。
吉野石膏は毎年、これだけの生産量のせっこうボードを市場に送り出すことで、
私たちの身近な生活の「安全で快適な住空間を創る」存在となっています。

900

当社の社員数です。社員数1万人を越える大企業とは異なり、
900名程度の社員数は、社内を見渡せば名前と顔が一致する、ちょうどいい規模感です。

7%

一般職を含む過去3年間の平均離職率です。
新卒の大学生の入社後3年間の平均離職率が30%を越える(31.9%)中で、
7%という数字は低いと思っています。
人材の流動化が年々高まる中で、当社では長く働くことによって蓄積される知識と経験が、
仕事への好循環につながっているようです。

15.4

社員の平均勤続年数です。男性が17.5年、女性は10.9年です。
日本が少子化時代を迎える中で、様々な施策を考え勤続年数を上げていくことが、
会社として取り組まなければならない課題と考えています。

39.1

社員の平均年齢です。男性42.2歳、女性は32.9歳です。
平均年齢が20代半ばと低いと離職率の高さが気になりますし、逆に高過ぎるのも若い世代の社員が少ない
可能性があります。そういった意味では、当社の平均年齢はバランスが取れた数字と思います。

目次ページへ戻る

ENTRYエントリー受付中

「エントリー」または「説明会予約」はこちらから受け付けています。

エントリーページへ