• 「タイガースクエアトーン・D」開発物語
  • タイガースクエアトーンができるまで
  • 1
  • 2
「タイガースクエアトーン・D」開発物語

日本にも理想的な音響空間を!高い志と日本初の技術で、かつてない吸音化粧天井板が誕生

建物内で大勢の人の声が反響してしまい、話し声や館内放送が聞き取りづらいという経験があるだろう。

そんな音の反響を改善し、明瞭に声が聞こえる静かな室内空間を構築する。

そのために欠かせない吸音化粧天井板と非吸音化粧天井板開発に挑んだ人達がいた。

しかし、その完成には、日本にはない新たな技術開発が必要だった

住環境における日本人の音に対する意識向上のために

 建築物に関して、“防音”や“遮音”に目を向ける人は日本でも増えてきている。しかし、室内の“音響”まで意識する人はまだまだ数少ない。欧米では、建築物の音響設計は当然考えるべき要素であり、そのレベルも非常に高い。しかし、日本では欧米の域にはほど遠い。この現状に、商品開発部長(当時)の松本敏夫は以前から疑問を感じていた。
 「歴史的に欧米は石造りの建物が主流で、日本は障子やふすまなど音を吸収しやすい紙が建材として多く使われてきたという違いはあります。しかし、近年日本でも鉄筋や鉄骨とコンクリートを組み合わせた建物が主流となったため、室内の音響環境は欧米に近づいているのです。それなのに、欧米に比べて日本の音響設計は建材、技術双方で遅れていると言わざるをえません」(松本)
 石で囲まれた空間は音が反響しやすく声が聞き取りづらいため、欧米では住空間における音響環境を向上させようと、壁にさまざまな大きさ、形状の壺を埋め込み吸音するなど、試行錯誤を繰り返してきた長い歴史がある。一方、昔から日本は、特別な手段を講じなくても、話しやすい住環境にあった。この違いが、欧米人と日本人の音に対する価値観の差に影響しているのではないかと松本はいう。「日本でも鉄筋コンクリート造の建築物が主流となって以降、岩綿(ロックウール)(※1)を固めて成形したロックウール吸音板を使うなど、対策は講じられてきました。しかし、この板が吸収する周波数帯は1000〜2000Hz(ヘルツ)という高い音――高周波数帯域が中心であり、人の声の周波数帯域150〜600Hzという低い音の吸音率は非常に悪い(※図1)」(松本) このような状況に忸怩たる思いを抱いていた松本は、「日本でももっと静かで、声が一字一句明瞭に聞こえる室内空間をつくりたい」と、人の声を効率的に吸音する化粧天井板の開発を企画。その準備のために2003年2月、音響技術の先進国であるヨーロッパへと視察に出掛けたのだった。

用語解説
※1 ロックウール
短いガラス繊維でできた綿状の素材。断熱材としてだけでなく、吸音材としても日本では広く用いられている。

顧問(前・商品開発部長) 松本 敏夫 岩綿(ロックウール)が高い音を吸収しやすいのに比べ、スクエアトーン・Dは、人の声の周波数帯域である低い音の吸収率が非常に良い。
 欧州を訪れた松本たちは、音響設計がしっかりと根付き、目的に応じて天井板を使い分けている様にあらためて驚かされた。
 「ヨーロッパの学校では、教室の天井に2種類の板を張っていました。1つは人の声を吸収する吸音板で、これは生徒が座る場所の天井部分に、もう一つは声を反射する非吸音板で、こちらは教壇の天井部分に施工。この組み合わせによって、先生の声が教室の隅まで明瞭に聞こえるよう設計されているのです。こういう教室は『大きな声を出す必要がなく話しやすい』と先生方にも人気がありました」(松本)

吸音板と非吸音板を施工した教室例
室内で声が反響してしまうのは、直線的に耳に届く声よりも天井や壁、床に反射した声が、遅れて聞こえてくるから。この遅れて届く声を吸音板が吸収することで反響を防ぎ、話し声が明瞭に聞き取れるようになる。吸音板と非吸音板を組み合わせることで、理想的な音響設計を実現できる。

日本人好みの意匠、市場に受け入れられる仕様とは

 また、吸音化粧板を製造・販売している英BPB社(現:サンゴバン社)のデンマークとフランスの工場を視察した際は、国民性を反映してデザインを変えている点に興味をひかれる。芸術性を重んじるフランスでは吸音するための穴が流線型に配置されているなど、デザイン性の高いものが生産され、機能性を重んじるドイツの影響を色濃く受けるデンマークでは、四角い穴が格子状に配置された天井板が作られていた。
 「日本での音響設計のレベルを高めるためには、何よりも売れる製品でなければなりません。さまざまな場所に施工され、その良さを実感してもらうことが、意識の喚起につながるからです。そのためには、日本人の嗜好に合い、かつ長い間飽きのこないデザインでなければならない。この嗜好を探るた めに、フランスとデンマークで生産されている製品を持ち帰り、複数の設計事務所でいずれのデザインなら設計に採用してもらえるかを調べていきました。同時に、数十年にわたり売れ続けている吸音しない化粧天井板『ジプトーン』がベストセラーたりえている要素――“天井を構成する材料として最も安価”で、“軽量鉄骨(厚さ0.6mm以下の亜鉛メッキの鉄板)下地に直張りできる施工性の簡便さ”を取り入れるなど、帰国後は市場に受け入れられる製品像を徹底的に吟味しました」(松本)
 こうして、@直張り化粧天井板、A不燃材料、B人の声の周波数帯域を幅広く吸音できる性能、C安価、D几帳面な日本人の好みに合う四角い穴が格子状に整然と並んだ意匠、E吸音板と非吸音板を同一デザインで製品化するなどの開発方針を固めていった。そして、デザインや吸音性能、施工性の研究開発を「商品開発部」、金型形状をはじめとした製造技術開発を「エンジニアリング部」、不燃材料の認定を取得するためにボード裏面に張る不燃紙の開発や強度試験を「技術研究所」、原板となる石膏ボードの厚さをより均一化するための生産技術を「千葉第2工場」に振り分けていく。こうして、2003年の初夏から製品名『タイガー スクエアトーン・D』開発プロジェクトが始動し始めた。だが、その開発には日本にはない技術が必要で、新たな技術を開発するところから取り組まなければならなかった。

松本敏夫

大学の建築学科で音響工学を専攻し大手建設会社に入社。数々の施工現場で所長を歴任した後、吉野石膏に入社。その知識と経験を商品開発に生かす。趣味はクラシック音楽の鑑賞で、コンサートに行くだけではなく、「いい音楽」を聞くために国内外の著名なコンサートホールにも足を運ぶ。

  • 1
  • 2

ページトップ