HOME工法紹介耐力壁 > ハイパーハードT耐力壁

ハイパーハードT耐力壁

耐力壁とは地震や台風による横揺れ(水平力)から、建物の変形を起こしにくくする壁のことです。耐力壁に使用される面材には相当の粘り強さ(強靭性)が求められます。硬質せっこうボード「ハイパーハードT」は優れた耐震性能が認められた耐力面材です。
地震や台風から家族を守る丈夫な壁!

普通硬質せっこうボード「タイガーハイパーハードT」を用いた耐力壁です。火に強いせっこうボードだから、安心です!

【 ビス長さ:41mmタイプ 】専用ビス:PS3841MW

タイガーボードを増し張りすることで、告示による準耐火構造の被覆仕様に対応可

ハイパーハードT耐力壁にタイガーボード(GB-R)を増し張りすることで、準耐火構造の告示における外壁の屋内側の部分、および、間仕切壁等の両面に用いる準耐火構造の被覆に該当します。
  • 例 外壁の屋内側の部分(水平断面)
  • ●タイガーボード厚さ9.5mmを増し張り ⇒ 45分準耐火構造(H12建告1358)
  • ●タイガーボード厚さ12.5mmを増し張り ⇒ 1時間準耐火構造(H12建告1358. H27国交告253)
※増し張りの「せっこうボード」の施工の詳細については、「準耐火建築物の防火設計指針」(一財)日本建築センター編集・発行でご確認ください。
工法 部位 専用ビス(マックス社製) 壁倍率 認定番号
軸組
(床勝ち仕様)
一般部 PS3841MW ノンクロム  サイズ3.8Φ×長さ41mm ※メッキが異なるビス(PS3841MW-R(A)など)もご使用できます。 ビスピッチ
軸組の場合:画材周辺部100mm以内、中間部150mm以内
枠組の場合:画材周辺部100mm以内、中間部200mm以内
2.4 FRM-0446
入隅部 2.3 FRM-0447
枠組 2.1 TBFC-0127
【特長】
  • 硬質せっこうボード「タイガーハイパーハードT」を用いた、木造軸組工法および枠組壁工法の内壁用耐力壁です。
  • ハイパーハードTは、不燃材料ですので幅広く内装制限に対応が可能です。
  • 厚さ12.5mmハイパーハードTは、厚さ12.5mmせっこうボ−ドと並べて張っても段差がなく、きれいな仕上りとなります。

【ハイパーハードT耐力壁 注意事項】
  • せっこうボードと同様に屋外および常時、水のかかる場所には使用できません。
  • ハイパーハードT耐力壁の施工には、必ず指定のスクリュービス(マックス社製)を使用します。
  • 木ねじの打ち込み間隔
    専用ビスの留め付け間隔、留め付け位置など施工の詳細は施工指導書をご確認ください。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州