HOME製品紹介壁材(内装ボード製品) > 強化せっこうボード

強化せっこうボード

JIS A6901(日本工業規格)の[強化せっこうボード(GB-F)]に該当する製品。
「タイガーボード・タイプZ」と「タイガーボード・タイプZ-WR」は平成12年建設省告示第1399号における耐火壁構造で使用できる強化せっこうボードです(平成26年8月22日、国交省告示861号より)。

関連情報
製品規格・寸法

タイガーボード・タイプZ


せっこうの芯にガラス繊維などを加えて耐火性能を強化したボード。
大型高層建築物で、建築基準法に定められた防火区画を構成する耐火壁構造(耐火1時間)や、準耐火壁・天井に使用されるものです。


用途

住宅・学校・ビルなどの耐火・遮音壁の面材

防火材料認定番号

防火性能 厚さ
不 燃:NM-8615
GB-F(V) アミなし
GB-F(N) ガラス繊維アミ入り※
12.5mm、15mm、21mm

※GB-F(N)はガラス繊維ネットを特殊成型技術で入れた強化せっこうボードで、15mm厚品のみとなります。

タイガーボード・タイプZを用いる代表的な耐火・遮音構造


関連情報
製品規格・寸法

タイガーボード・タイプZ-WR


強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」の優れた耐火性能を保持したまま、防水性、防カビ性を付加したボードです。建築中の雨漏れにも対応できます。


防火材料認定番号

防火性能 厚さ
不 燃:NM-1498
21mm

タイガーボード・タイプZ-WRを用いる耐火構造

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州