HOME製品紹介壁材(内装ボード製品) > 普通硬質せっこうボード

普通硬質せっこうボード

JIS A6901(日本工業規格)の[普通硬質せっこうボード(GB-R-H)]に該当する製品。
タイガースーパーハード 超硬質・高強度せっこうボード
タイガースーパーハードC スーパーハードを軽量化。耐火壁用の面材
タイガーハイパーハードT スーパーハードを軽量化。耐力壁用の面材


関連情報
製品規格・寸法

タイガースーパーハード特許取得(特許第3051305号)


従来のせっこうボードの常識を超えた超硬質・高強度のせっこうボード。
病院などの病室間の間仕切や廊下、学校の教室壁や体育館の壁面、階段の腰壁部分など、強度を要求される部位に対応できる、強化せっこうボード(GB-F)とは異なるタイプのせっこうボードです。

特長

  • 曲げ破壊荷重は通常のせっこうボードの約2倍
  • 表面の硬さは通常のせっこうボードの4倍
  • 水を吸う量は通常のせっこうボードの約1/3で、
    当社の防水ボードと同等の防水性能


性能

<タイガースーパーハード、タイガーボードの強度比較>
  タイガー
スーパーハード
タイガーボード
厚さ(mm) 9.5 12.5 12.5
比重 1.2 1.2 0.67
防火材料区分 不燃 不燃 不燃
曲げ破壊荷重(N) 700 950 530
300 450 200
ヤング率(N/m2) 5×109 7×109 2×109
耐衝撃性 くぼみ深さmm 0.32 0.32 1.43
くぼみ直径mm 11.00 10.80 23.17
亀裂 なし なし なし
貫通等 なし なし なし

試験方法
  • 曲げ破壊荷重:JIS A 6901による
    :ボード長手方向に直角に荷重をかけたもの。
    :ボード長手方向に平行に荷重をかけたもの。
  • ヤング率:曲げ破壊荷重測定時のタワミ量より計算
  • 耐衝撃性:
    JIS A 1408(建築用ボード類の耐衝撃性試験方法)に準ずる。
    ※砂上全面支持、球形おもり500gを用い、高さ650mmより落下

用途

  • 病院などの病室間の間仕切や廊下、学校の教室の壁や体育館の内壁、階段の腰壁など強度を要求される部位
  • 耐火・遮音壁(戸境壁)
  • 木造住宅の床

【防火材料認定番号】
防火性能 厚さ
不 燃:NM-9645 9.5mm、12.5mm、15mm

タイガースーパーハードを用いる代表的な耐火・遮音壁


関連情報
製品規格・寸法

タイガーハイパーハードC


スーパーハードを軽量化したタイプで、耐火遮音壁ハイパーウォールZなどの上張り面材として使われます。

用途

  • 病院などの病室間の間仕切や廊下、学校の教室の壁や体育館の内壁、階段の腰壁など強度を要求される部位
  • 耐火・遮音壁(戸境壁)

防火材料認定番号

防火性能 厚さ
不 燃:NM-1908 9.5mm

タイガーハイパーハードCを用いる代表的な耐火・遮音壁


関連情報
製品規格・寸法

タイガーハイパーハードT


スーパーハードを軽量化したタイプで、耐力壁用の面材として使われ、地震から住宅を守ります。不燃材なので火災にも強い壁をつくります。

用途

  • 木造軸組(床勝ち)および枠組の耐力壁

防火材料認定番号

防火性能 厚さ
不 燃:NM-9692 12.5mm

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州