FAQFrequently Asked Questions

会社・事業編

  1. Q1主力製品「タイガーボード」の名前の由来は何ですか?

    確かな真相は不明ですが、当時のライバル商品で「ライオンボード」という他種建材に対抗して命名したなど諸説あるようです。最も有力なのが、「タイガー」と「耐火」をかけたという説です。

  2. Q2せっこうボードの用途別割合を教えてください。

    せっこうボードは、建物の種類や使用部位によって、機能や規格などさまざまの種類があり、ケースバイケースで使い分けられています。たとえばせっこうボードの用途を建物の種類で分類すると、戸建住宅やマンションなどの「住宅」と、オフィスやホテル、学校、病院などの「非住宅」とに分けられます。当社のせっこうボードは「住宅」用と「非住宅」用に分けられているわけではありませんが、この分類をした場合、出荷実績からみると「住宅」70%・「非住宅」30%の比率となっております。

    梱包の色によって用途が分けられています
  3. Q3せっこうボード以外に今後注力する事業はありますか?

    新たな3つの事業を推し進めています。具体的には①ロックウール化粧吸音板「ソーラトン」②外・内壁材「デラクリート」③スラグせっこう板「アスノン」です。これまで内壁材を中心としていた当社ですが、今後は外壁材にも進出し、「内」と「外」のシナジー効果を担う建材メーカーを目指します。
    詳細については、吉野石膏とは?石膏製品エトセトラ せっこうボード以外の建材をご覧ください。
    また、その他の取り組みに津波被害農地の除塩活動があります。これは東日本大震災での津波被害を受けた水田・畑の除塩に、石膏を除塩資材として利用する活動です。石膏メーカーとして被災された農地の復興の一助になればと考え、現在、研究・実験を進めています。

  4. Q4製品の品質管理体制について教えてください。

    各工場に品質管理課があり、日本工業規格(JIS)表示許可工場として、一定レベルの安定した製品を生産するための品質管理体制を整えています。全体としては、品質保証室が対外的に対応しています。

  5. Q5吉野石膏の製品を一般展示している場所はありますか?

    2002年11月に完成した「吉野石膏虎ノ門ビル」がお客様向けのショールームとなっております。各種せっこうボードの展示や、遮音性能などが体験できる音響体験室、施工実習室など充実したラインナップを取り揃えております。最新の技術や情報を集約し、“未来への技術提案”を行う場として幅広く活用されています。ちなみに、東京地区での会社説明会は当ビルを使って行います。ぜひ一度、足をお運びください。

    • 商品知識が豊富な担当者が皆さんをお迎えします
    • 大会議室は研修やセミナーにも使用
    • 吉野石膏虎ノ門ビル
    • 遮音壁の生活音の吸収性が体感できる音響体験室
    • ショールームにはせっこうボードを利用した様々な製品が展示されています
    • 施工現場が再現されたブースの中で製品を展示
  6. Q6一般メディアを使った、宣伝・広告はされていますか?

    宣伝・広告をテレビや新聞等で積極的に行っております。

    • 総武線水道橋駅、東京ドーム前の屋外看板
    • 企業広告ポスター
目次ページへ戻る

ENTRYエントリー受付中

「エントリー」または「説明会予約」はこちらから受け付けています。

エントリーページへ